公務員試験「数的推理」の攻略法    ■初めての方はこちらもご覧下さい


「一般知能(数的処理)」は公務員試験の中で、大きなウェイトを占める科目です。

ですから、

「一般知能」を制するものは「公務員試験」を制する!

などとも言われます。

この「一般知能(数的処理)」 を攻略するのに一番大事なことは、

何よりもまず、

自分の感覚に合った「解法」の参考書や問題集を選ぶ!
自分の感覚に合った「解法」の授業を受ける!

ということです。

「自分の感覚に合った解法」というのは、あなたの思考回路にピッタリマッチした「わかりやすい解法」ということです。

そう、解法がすべてなのです!

特に「数的推理」分野は、参考書や教える先生によってその「解法」がまったくといっていいほど違うので、最初に使う「テキスト」や予備校で教わる先生の「板書」が自分に合わないと悲惨なことになりかねません。

数学が得意な理系の人はともかく、中学高校を通じて「数学」が不得意だった人が、例えば方程式オンリーで解説しているテキストで勉強しようとするとかなり辛いと思います。


実は、数的推理の「解法」には大きく分けて次の2通りがあります。

方程式を中心とした「数学的」な解法
小学生の算数をベースにした「算術」での解法

(↑こういう切り分けは特に初学者の方は初めて聞くことだと思います)

上記どちらの「解法」が問題を速く解けることが多いか?というと、実は「算術」の解法です。
(※ここでは、「算術」=「算数」と思って下さい。)

また、どちらの「解法」が簡単にマスターできるか?というと、それは僕の経験的に圧倒的に「算術」の解法です。

そして、特に「数学が苦手」な受験生にとって、勉強時間に比例して得点が伸びるのは「算術」の解法であるといえます。

私が教えている予備校や専門学校の生徒さんでも、それまで数的推理が不得意だったのに、「方程式」から「算術(算数)」に切り替えたとたんグングン得点がアップする事例をたくさん見てきました。

にもかかわらず、市販の参考書や問題集の解説においてそのほとんどは「数学」派で、「算術」派はほとんどみかけないというのが現状です。

なぜでしょうか?

答は単純。それは、予備校の先生や参考書を作っている人たち(先生たち)が「算術」を知らないかまたは得意でないから、です。

これが、残念ながら「教える側」の現実です。

数学が苦手な人が、「ややこしい方程式」中心で解説してある参考書や問題集で、いくら数的推理を頑張って勉強しようとしても、頭が痛くなるだけでなかなか効果は上がりません。

「ダメな参考書の見分け方」

大手出版社や予備校も近年は「算数」を取り入れようということで「算術(算数)」寄りの参考書がいくつかでていますが、受験生の皆さんにお薦めできるようなものは残念ながら皆無といっていいです。

いくつかの「算術」系(と宣伝されている)参考書を、大手出版社発行だからとか、ベストセラーになっているからとか、「数学が苦手な人でも大丈夫」などといった表紙帯の謳い文句に釣られて買ったけれど、家に帰って紐解いてその解説を読んでみると、XやYを使った数式中心の内容に「かえって難しいなあ」と感じる部分が多くないですか?

なぜ「算術」なのに難しい内容になってしまうのか?というと、「算術」を「数学的に」解説してしまっているからです(笑)。いや、これは、笑い事ではなく、この矛盾をかかえていて、しかも「算術」で一番肝要な「比」の使い方の手順さえ載っていないという本がほとんどというのが実情です。

簡単なはずの「算術」を「数学的に」難しく展開して解説していて、大事な「算術の比の使い方」さえ載っていない本が結構売れているのは(=あなたが買ってしまうのは)どうしてでしょうか?

それは、数的推理が苦手な人は自分に合った解法が自分でよくわからないので、宣伝文句やなんとなくよさそうという根拠のない尺度(まさか表紙のイラストとかの雰囲気で買ったりしてないでしょうね)で選んでしまうからです。

結局、数学がある程度できる人にとってはともかく、数学が苦手な人にとって適したテキストをさがすのは至難なのです。

まったくの初学者や、すでにある程度数学的な解法で勉強をしていても数的推理が得意にならないという場合は、質の高い「算術的な解説」がきちんと書いてある優れた参考書や算術で数的推理を教えることのできる先生を見つけることが、この科目を攻略するための第一歩ということになります。

そして、その算術的=算数的解法を極めたシステムが「超高速解法」であり、それを考案した先生こそが何を隠そうこの私=吉武瞳言なのです。というこれでもかというくらい確信犯的な我田引水的文章で失礼。笑


「超高速解法」


さて、「超高速解法」というのは「算術(算数)」を駆使して問題を簡単に解くテクニックということは繰り返しお話ししました。特に「数学」が苦手な方で、「方程式」の解法が肌に会わない方には相当お薦めです。

もちろん、すでに「数的推理」を数学的解法で解ける人が「超高速解法」をマスターすればさらに短時間で解けるようになるでしょう。

このサイトを開設以来、僕の「超高速解法」に対して、全国の多くの受験生の方から、沢山の喜びの声を頂いています。そして、特に「超高速解法のDVDシリーズ」は大好評で、ほとんど宣伝を行っていないのにもかかわらず大きな支持を受けています。

■超高速解法DVDシリーズ購入者の皆さんの声
 

はじめてこのサイトをご覧になった方で「算術」をご存知ない方は、まずは当サイトのページを一通りご覧下さい。そして、ご質問などあればお気軽にメールでお尋ね下さい。

■ お問合せフォーム


あなたは、「数的推理は難しい」と思い込んでいませんか?

数的推理が不得意になる原因は、もっぱら予備校のわかりにくい授業や使っているテキストの解法が「自分に合っていない」ということにあります。
ですから、「あなたの感覚にピッタリ合った教材」で勉強すれば必ずできるようになるはずです。まずは、苦手意識を捨てて下さい。

公務員試験は、試験科目も多くて範囲も広く、勉強が大変だと思います。だからこそ「数的処理」は「超高速解法」で簡単に楽に解けるようになって下さい。
当サイトは頑張っている受験生の皆さんを応援し続けます!

一般知能速解センター
吉武瞳言 PHOTO



【長〜い追伸】←重要です
「超高速解法」は万人向けではありません。ここでは、数学が苦手な人が今から時間をかけて数学を最初からやり直す覚悟で数的推理に取り組むよりは、算術的=算数の発想にもとづく「超高速解法」を学んだ方が合理的かもよ、という提言をしているということです。

長年の経験(ほんと長くやってます。笑)から言うと、この「超高速解法」がピタっと嵌る人は例えば予備校などで属性バラバラの生徒さんが集まった状態で授業をやる場合、受講者のおよそ30%(多くて40%)くらいにしかヒットしません。

この割合を高いというか低いというかは別にして、嵌らない人は「数学(方程式)で解けるので算術とかいらない派」か「数学も苦手だけど算数もあまり得意ではなかった派」ですね。
逆に「中学高校の数学は苦手だったけど小学生時代の算数は結構できたし好きだった」というタイプの人は「超高速解法」向きです。

授業後のアンケートで、例えば「速さ」の問題を逆比で簡単に解く「超高速解法」の板書に対して「わかりにくい」とかひどいと「意味不明です。ちゃんと方程式で解説して下さい」なんていうリアルな声をもらうことすらあります。笑(笑いごとではないですが)

ということで、「わかりやすい解法」というのは人様々ですから「超高速解法」に興味を持った方は、自分の思考感覚に合っているかどうかまずはサンプル動画とかをご覧になるなりしてご自身で判断して下さい。

私(先生)があなた(生徒)を選ぶのではなく、あなたが自分にあった先生(教え方=解法)を選ぶのです。そのプラットフォームの一つがこのサイトなのです。

「超高速解法」がアナタに合うかどうかは、このサイト内のコンテンツを見て回ったり、「超高速解法」をアップロードしている吉武瞳言の「Youtubeチャンネル」などでサンプル講義の動画を視聴したりして確認してください。それで、疑問や質問があれば遠慮なくお尋ねください。下記フォームから私のメールボックスに直接届きますので。


◎超高速解法 ⇒ お問合わせフォームはこちら




一般知能の3つの非常識・3つの常識

超高速解法メールマガジンバックナンバー

「解法」がすべてだ!

■戦略と戦術と戦法




★HOME      ★BACK