◆はじめに

「あなた」が使っている参考書の解説を「あなた」が理解できないのは、「あなた」の頭が悪いのではありません。

そのテキストの構成や内容が本質的に優れていないか、または、その参考書の解説が「あなたの思考回路」に合っていないか、のいずれかです。

どちらにしても、「自分の感覚に合った参考書」、「わかりやすく理解しやすい書」に少しでも早く出会えるかどうかが運命の分かれ道。

「数的推理」を得意科目にするためには「自分に合った本」を見つけることが一番です。

志高く理想と目的を持って公務員を目指して日々勉強している皆さんが自分に合わない「ダメな参考書」で貴重な時間を無駄にしているとすれば、それは本当に憂うべきことです。

一刻も早く「自分の感覚に合ったテキスト」を見つけるために、このページが少しでも役に立つ情報となれば嬉しく思います。

※参考書を書く側の人間(先生)は誰でも良い本を作ろうとしているはずですし、ここで特定の本を貶める目的で書いているわけではありません。



≪ダメな参考書の見分け方≫


(注)ここでいう「ダメ」とは、主に中学高校を通じて「数学」が苦手だった人、特に「方程式」が不得意だった人にとっての「ダメ」という意味です。まずもって「万人向け」の参考書はありえません。数学が得意な方(方程バッチリの人)には逆にここで挙げた「ダメ」なタイプのテキストが「良い参考書」となる場合もありえます。そのあたりをご理解の上で「参考」にして下さい。

◆「あなた」が数的推理の参考書を読んでも理解できないのは「あなた」のせいではない!ただ、「あなた」に向いていないだけ!

自分が使っている「数的推理」の参考書や問題集の解説を読んでも「よくわからないなあ」と感じるのは、ほとんどの場合それは、あなたの理解度の優劣」によるのではなく、その参考書の解説(解法)が「あなたの思考回路に合っていないだけです。

書店でパラパラとめくって、「おっ、これはよさそうだ」とそのときは思えても、買って帰っていざやり始めると、問題が難易度順に並んでおらずただの「羅列」になっていて解法の軸も統一されていなかったりすると(購入者としてそのことを客観的に把握できないまま)非常に分かりにくく感じてしまうでしょう。こういうテキストは、特に初学者にとっては、その思考を混乱させるだけなのでアウトです。

また、特に文系で数学が苦手な方は、解説が方程式中心のタイプのテキストに当たると、それに惑わされて「数的推理」って難しいなあ」と苦手意識を植えつけられてしまうので気をつけて下さい。

「数的推理」が不得意だと感じている方は、まずはとにかく「自分の思考感覚に合った参考書」に少しでも早く出会うこと!それが「数的推理」を攻略にするために一番必要なことなのです。


→数的推理は解法がすべてだ

・公務員試験の「数的推理」という科目は、範囲も広く、その内容も多岐に渡るため、特に初学者の方は、最初に購入する参考書や教わる先生の「解法」がこの科目を好きになれるかどうか?そして得意科目になるかどうか?に大きな影響を及ぼします。

でも、何度も増刷されていて受験生によく知られた本の中にも(特に数的推理が苦手な初学者には)
「このテキストは「買ってはいけない!」といわざるをえないものがあったりします。

以下は、その本が基本的な部分できちんした構成であるか否かということはもちろん、「数学が苦手な人、特に方程式が苦手な人」にとって、例えば込み入った数式連続の解説が並んでいる本はつらいだろうという視点も含めての「見分け方」となります。(方程式中心の解説本がNGといっているわけではありません)


● ダメな参考書の見分け方「その1」

・数的推理の「速さ」分野に以下の項目があるかどうか見て下さい。

「★通過算」
「★流水算」

この2つの問題の特徴をきちんと解説してあるかどうか、をチェックしてください。
「速さ」という分野において、「通過算」と「流水算」の特異性さえもきちんと書かずに「速さの問題」として1問ずつただ並んでいるだけ、といった構成のテキストは初心者が基本から勉強するには不向きです。


● ダメな参考書の見分け方「その2」

・数的推理の「売買損益」に関する単元を見て下さい。(「売買算・損益算」は参考書によっては「割合」の単元に押し込んであることもあります。

そこに掲載されている問題が「商品」が「単数(商品1個だけ)」の原価・定価・売価の問題なのか、「商品」が「複数個」でてくる問題かをチェックして下さい。
この単元では、はじめに「単数の問題」から解説して、次に「複数個の問題」に移っていくことが必要です。いきなり、『仕入れた個数の20%キズがついていたので1割引きして売った・・・云々』というようなややこしい設定の問題で始まっているものは初学者には不向きです。


● ダメな参考書の見分け方「その3」

・数的推理の「目次」を見て下さい。そこに「ニュートン算」という項目がありますか?
あった場合はその「解法」を見て下さい。未知数の文字が3つとか入った方程式の解説のみしか載っていなかったら要注意です。数学が苦手な人は、その式(方程式)を見ただけでイヤになるでしょう。
ニュートン算の解法は何通りもありますが、どれを採るかは別にして、少なくとも「方程式の解法しか書いていないもの」は、数学が苦手な人にとってはつらいと思います。

※ニュートン算はワンパターンですので「数学が得意な人」にとっては「方程式を使って解く」方が取り組みやすい面もあります。


● ダメな参考書の見分け方「その4」
・あなたの使っている参考書には「回転」という項目がありますか?もし、そこに、「平面図形の円の自転と公転の問題(大円と小円の回転の関係の問題)」と「回転体(回転軸のまわりにできる立体の問題)」が混在していませんか?もし、混在していたら、分野単元の切り分けが安易だといわざるをえません。その本の編集方針にもよりますので断定はできませんが、各分野の問題を「見かけ上だけ」で判断して、底の浅い目次が作られてい可能性があります。



● ダメな参考書の見分け方「その5」

近日掲載予定


(注)ここでいう「ダメ」とは、主に中学高校を通じて「数学」が苦手だった人、特に「方程式」が不得意だった人にとっての「ダメ」という意味です。まずもって「万人向け」の参考書はありえません。数学が得意な方(方程バッチリの人)には逆にここで挙げた「ダメ」なタイプのテキストが「良い参考書」となる場合もありえます。そのあたりをご理解の上で「参考」にして下さい。


★BACK        ★HOME